元気な子どもに育てる3原則

親にとって、子どもの健康が第一。普段の食事から、生活習慣に気を付けていると思います。暑いときには水分補給をこまめに取り、冬場は体が冷えないように下着と上着をよく着せて注意していると思います。

でもわたしの小さい頃を思い出すと、夏は暑いから掛布団を蹴ってなにもかけずに寝たいのに、それに気づいた親が何度も掛布団をかけてくる。冬も同じ。それが延々と繰り返すので嫌だった記憶があります。また、外で動き回りたいから身軽でいきたいのに、何枚も上着を着せられて、体が動かなくなるのも嫌でした。みなさんもそんな経験ありませんでしたか?

子どもって親が思っている以上に寒さにも暑さにも順応できるので、親の感覚で暑い、寒いを判断すると、子どもの体感温度と違っているみたいですね。特に親は年をとるにつれて体温調整機能が低下して、暑さ寒さに弱くなるので余計です。

ありがた迷惑ではないですが、自分本位に気を付けすぎるのもよくないですね。

でも子どもの生活習慣は親によって変わってきます。運動量、睡眠時間、栄養バランスをしっかり管理してあげるのが親の務めだと思っています。この生活習慣って、健康だけではなくて体型にも関わってくるみたいです。たしかに肥満は偏った食事や運動不足でなるイメージがありますが、身長も変わってくるみたいです。

読んで驚かされたサイトを紹介します
身長はなぜ伸びるのか?身長を伸ばす方法と理由を解説

しかも一番肝心なのが睡眠です。「寝る子は育つ」って聞いたことがありますが、本当なんですね。また、身長を伸ばすためのサプリがあることも初めて知りました。でも栄養補給サプリとして考えたほうがいいようです。うちの子はよく遊んでよく寝ますが、食事は主食に偏っている気がするので、栄養アプリも試してみたいと思います。芸能人が使っているアスミールやのびるんるんあたりが無難ですかね。

 

カテゴリー: 未分類 パーマリンク