知っておきたい赤ちゃんと子どもの病気(その1)

小さい我が子が病気にかかるとドキドキですよね。

夜中に急熱が、元気がないけど病院がやっていないなんてなると

とりあえず自力でできることをするしかありません。

そんな状況に備えて子どもがかかる病気について知っておくと落ち着いて対処できると思います。

赤ちゃんがかかりやすい病気とその症状まとめ

カゼ症候群
細菌やウイルスによる、鼻やのどの感染症のこと。咳や鼻水、鼻づまり、発熱、のどの痛み、下痢などの症状がある。ゆっくり休養を取り、水分と消化のよいものを与えることで通常は2〜3日で自然とよくなる。

インフルエンザ
インフルエンザウイルスが原因の感染症。症状はカゼに似ていて、咳や鼻水などがなく、高熱や関節痛、のどの痛みが現れるのが特徴。

ヘルパンギーナ
乳幼児がかかりやすい夏カゼの一種。急に高熱が出て、のどの奥にある口蓋垂(のどちんこ)の横に水泡ができる。水泡がつぶれると潰瘍になり、痛くなるので不機嫌になったり、母乳やミルク、食事を嫌がることも。脱水症状にも注意。

手足口病
5歳までの乳幼児がかかりやすい夏カゼ。口の中や手のひら、足に痛みやかゆみを伴わない水泡ができ、37~38度の軽い熱が出ることも。特効薬はないが、1週間程度で回復する。

プール熱(咽頭結膜熱)
乳幼児がかかりやすい夏カゼ。発熱が4〜6日ほど続き、のどの痛みや腫れ、結膜炎を起こす。特効薬はない。飛沫感染と接触感染があり、塩分消毒の不十分なプールでも感染する


突発性発疹
生後4カ月ころから2歳ころの赤ちゃんが突然39度程度の高熱を出し、熱性けいれんを起こす場合もある。熱は2~4日ほど続くが、薬がなくても自然に治るのが特徴。熱が下がると顔と体に赤い小さな発疹ができ、下痢を伴う。

ウイルス性胃腸炎
ロタウイルスやノロウイルス、アデノウイルスなどのウイルスが引き起こす胃腸炎。嘔吐や下痢、腹痛や発熱が主な症状。ロタウイルスにはワクチンがありますが、整腸剤や吐き気止めなどを使って対処します。脱水症状を起こしやすいので、十分な経口補水液(イオン水)とおなかにやさしい食事で回復を待ちます。

麻疹(はしか)・風疹
麻疹は、38度前後の発熱と咳、赤い発疹が出る感染症。肺炎や中耳炎、急性脳炎など合併症を起こすことも多く、感染力が強いのが特徴です。風疹は「三日ばしか」ともいわれます。麻疹・風疹とも1歳になったらすぐMRワクチンで予防してください。妊婦が感染すると胎児が先天性風疹症候群の危険もあるので、大人も予防して。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク